SHIRASE 5002- SHIRASE 5002 -

1

2

3

  • 1.船橋港のSHIRASE 5002
  • 2.船内のGlobal Ice Centerでは北極を含む全世界の海氷を観測しています
  • 3.ソラヨミデッキでは、乗船者がソラヨミ(観天望気)に取り組みます

船データ

[船種]汽船 [船質]鋼製 [総トン数]11,600トン [全長]134m [幅]28m [深さ]14.5m [喫水]9.2m [主機関]ディーゼル [出力]30,000馬力 [航海速力]19ノット [旅客定員]60人 [乗組員数]170人 [保存地]千葉県船橋市京葉食品コンビナート南岸壁 [保存方法]浮上係留

しらせは日本で三代目の南極観測船(所属は防衛省、艦番号AGB-5002)で、1981(昭和56)年12月に日本鋼管鶴見造船所で建造されました。1.5mの氷を時速3ノットで連続砕氷航行する能力がある砕氷艦です。1983(昭和58)年の第25次隊から2007(平成19)年の第49次隊まで、25年間にわたって南極地域観測事業の人員と物資の輸送支援および観測業務に貢献し、2008(平成20)年7月に退役。その後の南極地域観測統合推進本部による退役後の展示保存に関する公募は難航しましたが、気象会社のウェザーニューズ社による環境のシンボルとしての提案が承認され、2010(平成21)年2月に引き渡されました。SHIRASE 5002と改称し、同年5月から千葉県船橋港に係留し、航海や環境の情報発信を行う場所として第二の船出を開始しました。より公益性の高い取り組みを実施する目的で、2013(平成25)年9月に所有権を一般財団法人WNI気象文化創造センター移管しました。隣接するビール工場見学と併せてSHIRASEの船内見学が出来るほか、年間5回程度の割合で体験型のイベントを実施しています。

開館時間 年間5回程度の割合でイベント公開を実施。
毎週3回(水木日曜日)の割合で隣接するビール工場とSHIRASE見学のコラボレーションツアーを行っています。
休館日 適宜
入館料 中学生以上:500円
小学生:200円
未就学児:無料
交通 JR京葉線新習志野駅下車
公開日にはシャトルバスを運行
所在地 〒273-0014
千葉県船橋市高瀬町2地先
※公開日以外は岸壁への立入不可
電話 090-7635-5002
FAX 043-351-7655
webサイト http://shirase.info/
管理運営 一般財団法人WNI気象文化創造センター
©日本フローティングシップ協会Japan Floating Ship Association