PHILOSOPHY団体意義

フローティングシップとは、水上に浮かべて係留し、保存、公開している歴史的に価値のある船のことをいいます。
当協会は、フローティングシップ事業を通じ、海洋に関する知識、理解の増進並びにウォーターフロントにおける海洋レクリエーション事業の発展、及び会員相互の交流を図ることを目的に、1983(昭和58)年に設立されました。フローティングシップの保存、運営に関する研修や見学会、情報交換、広報活動などを行っています。海に囲まれた日本では、船は昔から暮らしや交通、産業など様々な面で欠かせない存在です。日本各地には当初の役割を終えた船が保存・公開され、また歴史を担った船が復元され公開されています。当協会では、そうした船を一人でも多くの人が訪れ、関心をもち、理解を深めてほしいと願っています。

©日本フローティングシップ協会Japan Floating Ship Association